シフト表をすばやく作成するために開発されたアプリです。勤務シフトが自在に組める楽しさを味わえます。

アプリの使い方|操作テクニック

操作テクニック

 

自動作成

1.自動作成

 自動入力 ボタンをクリックすると、シフト表が自動作成されます。

ボタン1つで自動作成

 

2.半自動作成

 となりの 半自動入力 ボタンは、空白にだけ自動入力するボタンです。

 半自動作成
 

コピー

3.シフトのコピー

 (1)コピーしたい範囲を選択します。

 コピーしたい範囲を選択 
 

 (2)右クリックして、「シフトコピー」をクリックします。

 「シフトコピー」をクリック 
 

 (3)コピー先のセルをクリックします。

 コピー先の始点を選択 
 

 (4)右クリックして、「シフト貼付」をクリックします。

 「シフト貼付」をクリック 
 

まとめて選択

4.範囲で選ぶ

 (1)クリックしたまま、マウスをスライドします。

 セルをドラッグ  
 

 (2)選択したセルの上で、右クリックします。

 右クリック 
 

 (3) ▽午後  をクリックします。

 クリックでシフトを選択
 

 (4) ▽午後  が割り当てられました。

 入力完了 

 

5.曜日で選ぶ

 
 シフト表の上には、曜日のボタンが並んでいます。

 曜日選択
 

 月曜日 を選ぶと、月曜日がすべて選択できます。

 曜日で選ぶ

 同じように火~祝も、それぞれ選択できます。

 

6.とびとびで選ぶ

 
 隣り合わないセルを、まとめて選択する方法です。
 

 (1)1つ目のセルをクリックします。

 1つ目のセルをクリック 
 

 (2)キーボードのCtrlキーを押します。

 キーボードのCtrlキーを押す 
 

 (3)Ctrlキーを押したまま、セルをクリックします。

 次々とセルをクリック 
 

 (4)選択セルの上で右クリックします。

 右クリックでシフト呼び出し 

 ※未選択セルの上で右クリックすると、選択が解除されます。

 (5)  〇  をクリックします。

 シフトを選択

 

時刻で入力

7.シフト表に時刻を入力

 イレギュラーなシフトなど、シフトパターンに無い時間帯は、

 セルをダブルクリックすると、時刻を直接入力することができます。 

 画像の説明
 

ワンポイント
 時刻をクリアするには、開始時刻と終了時刻に 0000 を入力します。
時間がちょっと違うけど、シフトとして数えたいとき
 

このシフトは何人...と数える中に、ちょっと時刻が違う人も含めたいとき。

そんなときは、シフトパターンを入力した後に、時刻を入力します。

すると、合計人数にカウントされつつも、任意の時刻が入力できます。

※実働時間は、入力された時刻で計算されます。
※順序が逆になると、無効となります。
 (入力のしなおしとみなされ、シフトの時刻にリセットされます。)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional