操作マニュアル

タイムカード画面

タイムカード画面

画面の見かた

 シフト表をスタッフ個別のタイムカード形式にしたものです。

 タイムカード画面
 
 シフト表をもとに、実働時間などが自動計算されます。

  1 「開始時刻・終了時刻」には、シフトとちがう時刻が入力できます。(太字
  2 「時間外」は残業時間です。8時間を超えた時間が表示されます。
  (設定により、シフト時間枠を超えた実働数を時間外扱いに変更することも可能。)
  3 「シフト」欄の()は、届出区分が入力されているときのマークです。
  4 「休日労働」は「届出区分」に休日出勤を入力すると「実働時間」が合算されます。
  5 「シフト」欄の ()は、届出区分と希望メモが入力されているときのマークです。
  6 「シフト」欄の()は、希望メモが入力されているときのマークです。
  7 「早朝」の  3.00  は、その月の早朝労働時間の合計です。
  8 「深夜」の  1.00  は、その月の深夜労働時間の合計です。
 

  • その他解説
    • 「シフト」を選択しなおすと、「開始時刻・終了時刻」はリセットされます。
    • 「シフト」が空で「開始時刻・終了時刻」が入力された場合も太字になります。
    • 「実働時間」は開始時刻~終了時刻から休憩を引いた時間です。
    • 「通常」はシフト通りの勤務時間数です。
    • 「法定内残業」にはシフト枠を超えたが、8時間に満たない分が合算されます。
    • 「リセット」を押すと、開始時刻・終了時刻にシフトの時刻がセットされます。
       

法定内残業の計算

 法定内労働である「8時間」を超えないが社内のシフト枠は超える、という場合に計算されます。

法定内残業の例
 13時から17時までの、4時間のシフトパターン「午後A」を割り当てます。
 そこに、そのシフト時間枠を超える時刻「13:00-19:00」を入力します。
 すると、タイムカード画面の「法定内残業」に2時間が算出されます。

実績を入力するには?

 実績を入力する場所はありませんが、時刻を直接入力できる機能を使って、予定と実施を実現する方法があります。

予定と実績を分ける方法

 基本はシフトパターンを当てると、時刻には割り当てられたシフトパターンの時刻が自動でセットされます。
 それが、下図タイムカード画面などに出てくる、「開始時刻」「終了時刻」です。

 スタッフのタイムカード
  
 そして、「実働時間」や「残業時間」の計算は、
 シフトパターンの時刻ではなく、「開始時刻」「終了時刻」が優先されます。
 その特徴を利用して、開始終了時刻に実際に働いた時刻を入力する、
 という使い方になります。
 
 最初、「開始時刻」「終了時刻」には割り当てられたシフトパターンの時刻が
 入っていますが、そこに、実際に勤務した時刻を入れます。
 
 そうすると、「シフト」は「予定」、
 「開始時刻」「終了時刻」は実際の勤務時間、として分けて考えることができます。