入力テクニック

シフトのコピー

(1)コピーしたい範囲を選択します。
コピーしたい範囲を選択 

(2)右クリックして、「シフトコピー」をクリックします。
「シフトコピー」をクリック 

(3)コピー先のセルをクリックします。
コピー先の始点を選択 

(4)右クリックして、「シフト貼付」をクリックします。
「シフト貼付」をクリック 

曜日で選択

シフト表の上には、曜日のボタンが並んでいます。
曜日選択
 
例えば月曜日 を選ぶと、月曜日がすべて選択できます。
曜日で選ぶ

まとめて選択

(1)クリックしたまま、マウスをスライドします。
セルをドラッグ  
 
(2)選択したセルの上で、右クリックします。
右クリック 

(3) ▽午後  をクリックします。
クリックでシフトを選択

(4) ▽午後  が割り当てられました。
入力完了 

とびとび選択

(1)1つ目のセルをクリックします。
1つ目のセルをクリック 
 
(2)キーボードのCtrlキーを押します。
キーボードのCtrlキーを押す 
 
(3)Ctrlキーを押したまま、セルをクリックします。
次々とセルをクリック 

(4)選択セルの上で右クリックします。
右クリックでシフト呼び出し 

(5)  〇  をクリックします。
シフトを選択

イレギュラーなシフトの入力

イレギュラーなシフト(登録されていないシフト)は、時刻を直接入力することができます。

セルをダブルクリックすると、開始時刻・終了時刻・休憩時間を入力するウィンドウが出現します。時刻を入力してキーボードのEnterキーを押せば確定されます。
画像の説明
なお、時刻をクリアするには、開始時刻と終了時刻に 00:00 を入力します。

ヒント:
時間がちょっと違うけどシフトとして数えたい時や、このシフトは何人...と数える中に、ちょっと時刻が違う人も含めたい時。
そんなときは、シフトパターンを入力した後に時刻を入力します。すると、合計人数にはそのシフトとしてカウントされつつも、シフトとは違う時刻が入力できます。
※実働時間は、入力された時刻で計算されます。
※順序が逆(時刻→シフト)になると、無効となります。
(入力のし直しとみなされ、シフトの時刻にリセットされます。)