シフト表をすばやく作成するために開発されたアプリです。勤務シフトが自在に組める楽しさを味わえます。

シフト表の作りかた|お好み表示&設定

お好み表示&設定

 

固定シフト

 ローテーションを登録しておくと、曜日固定のスタッフさんのシフトを自動で

 一気に入力できます。

 シフト制で曜日固定のスタッフさんが多い現場では特に大活躍です。

 

ローテーションの登録

 「お好み設定」の「スタッフ管理&ローテーション」をクリックします。

 スタッフ管理&ローテーション
 

 月~日・祝の固定シフトを割り当てます。(右クリックで割り当てられます。)

 スタッフ管理&ローテーション
 

社員番号とフルネームは勤怠管理で、部門名はグループ分けで使います。

 

グループ分け

 
 社員数が多かったり、グループごとに表示したい場合に登録します。
 

部門マスタの設定

 「基本設定」の「部門登録」をクリックします。

 部門マスタの設定
 

 部門の名前を編集します。

 部門マスタの設定
 

 スタッフ管理&ローテーションを開きます。

 スタッフ管理
 

 スタッフに部門名を入力します。(右クリックで入力できます。)

 部門の割り当て
 

 これで完了です。

 あとは、メイン画面で部門を選択すると、表示が切替られます。

 部門の切替表示
 

表示切り替え

合計の切り替え

 
 (1)合計 をクリックすると、スタッフの合計が切り替わります。

 合計の切り替え
 

 (2)合計 をクリックすると、日ごとの合計が切り替わります。
 
 合計の切り替え

  出勤人数 → 実働時間 → シフト で繰り返します。
 

セルの幅を広げる

 幅を広げる ボタンをクリックすると、セルの幅が広がります。

 幅を広げる

 時刻を入力した場合や、希望メモの文字数が多いときに便利です。

 ※テンプレートA時のみ有効です。
 

シフトを実働時間で表示する

 実働時間(H) ボタンをクリックすると、シフトが時間数で表示されます。

 実働時間(H)

 ※テンプレートA時のみ有効です。
 

祝日カレンダ

祝日マスタの設定

 ローテーションで「祝日」に該当する日を設定します。

 祝日マスタの設定

 初期状態では、その年の祝日マスタは登録済みです。 
 

お好み設定

開始日と締日

 表示する区切り日を設定します。

 開始日・締め日の設定
 
 月間シフト表の開始日、区切り線を入れる曜日、勤怠管理の締日が変更できます。
 

割増の時間帯

 勤怠管理で使う設定です。

 タイムカード画面で「どの時間帯を深夜・早朝勤務扱いにするか」を設定します。

 深夜・早朝・時間外

 また、時間外の判定方法を変更することもできます。

 チェックをONにすると、実働時間が8時間を超えた分が時間外となります。

 チェックをOFFにすると、シフトパターンの実働時間を超えた分が時間外です。


遅刻・早退時の丸め計算

 勤怠管理で使う設定です。

 さらに、遅刻や早退の運用がある場合に利用します。

 半端な時間を、15分単位や30分単位で切り捨てて集計する設定です。

 遅刻・早退時の丸め計算

  ▲選択できる設定は、「なし」・「15分」・「30分」の3種類です。
 

 これは、シフトパターンを勤務予定として利用し、

 ”開始時刻” ・ ”終了時刻” を勤務実績として入力する運用を想定して備えた機能です。

 割り当てたシフトパターンも ”開始時刻” ・”終了時刻” も予定として使用する場合は

 設定する必要はありません。
 
 (丸める前提で予定を組むことは無いと思われるためです。)
 

<丸められる条件 >

  ”開始時刻” と ”終了時刻” が 割り当てたシフトの時間帯とちょっと異なる場合が

  丸め計算の対象となります。

  届出区分の ”遅刻” 、”早退” は関係ありません。

  また、時間外にあたる時間帯は切捨てされません。
 

表示設定

 所要時間の表記方法や、

 シフトが6日の連続勤務を超えたときにマークをつけるかどうかの設定が行えます。

 表示設定


 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional