シフト表をすばやく作成するために開発されたアプリです。勤務シフトが自在に組める楽しさを味わえます。

シフト表の作りかた|タイムチャート

タイムチャート

 

時間チャート画面

時間チャート画面

 メイン画面のシフト表で、日付をクリックすると時間チャートが表示されます。

 時間チャート画面

 上の段には、時間帯ごとの合計が縦グラフで表示されています。

 下の段には、スタッフの滞在時間が横グラフで表示されています。
 

時間の区切り線

 時間の数字を右クリックすると、時間の区切り線の表示・非表示が選べます。

 下図は「9」で右クリックしています。

 区切り線の表示


並び替え

  • 標準 :スタッフリストの順で並びます。
  • 時間順:開始時刻・終了時刻の順に並びます。
  • 部門別:部門でグループ分けされて並びます。

 時間チャートの並び替え
 (サンプル:2秒間隔で切替え)
 

時間チャートの見かた

 時間チャート

 上の段は1日の時間帯の人員数、下の段はスタッフごとの時間のチャートです。
 

 <解説>

  1  出勤:1分以上滞在する人数
    明け:前日から日をまたぐ人数
    休み:休日シフトの人数
    未割:開始・終了が空白の人数


  5  未割当てのシフト
   (シフト・開始・終了が空白)


  6  前日から日をまたいだシフト

  2  シフトの人数をカウント
   (シフト名は頭1文字)




  3  グラフの色について
   外 枠 :シフトの文字色
   塗つぶし:シフトの背景色


  4  時刻だけ入力されている時の
   グラフの色は黒枠&薄グレー

  7  翌日にまたぐシフト

 

シフトの修正

   シフトを変更したい場合は、シフト欄を右クリックしてシフトを修正します。
 

時刻の修正

 スケジュールの微調整や細かい時間管理が必要な現場のために、

 開始・終了には、シフトと違う時刻も入力できるようになっています。

 その場合、グラフは開始・終了の時刻が優先されます。

<時刻がシフトと違う時は太字でお知らせ>

 また、シフトパターンと違う時刻が入力されていることをお知らせするため、

 時刻が太字で表示されます。

 開始・終了時刻のセット

 上図4行目の「10:00」が太字です。
 
<シフトパターンが再入力されたら時刻はリセット>
  時刻が入っている状態でシフトパターンを再入力すると、入力のし直しとみなされ、

  そのシフトパターンの時刻がセットされます。
 

<時刻のクリアには 00:00~00:00>
 
  時刻をクリアしたい場合は、

  開始時刻と終了時刻に 0000 を入力します。
 

 

一日のシフト表を印刷

 時間チャート画面の内容をほぼそのままの形で印刷することができます。

一日のシフトをビジュアルに印刷

 一日分のシフト表のサンプル

 ▲サンプルはカラー印刷にした場合

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional