勤怠管理の設定

 勤怠管理で利用する設定についてご紹介します。
 

割増の時間帯

 タイムカード画面で「どの時間帯を深夜・早朝勤務扱いにするか」を設定します。

 深夜・早朝・時間外

 また、時間外の判定方法を変更することもできます。

 チェックをONにすると、実働時間が8時間を超えた分が時間外となります。
 チェックをOFFにすると、シフトパターンの実働時間を超えた分が時間外です。

遅刻・早退時の丸め計算

 勤怠管理で使う設定です。
 さらに、遅刻や早退の運用がある場合に利用します。
 半端な時間を、15分単位や30分単位で切り捨てて集計する設定です。

 遅刻・早退時の丸め計算

  ▲選択できる設定は、「なし」・「15分」・「30分」の3種類です。
 

 これは、シフトパターンを勤務予定として利用し、
 ”開始時刻” ・ ”終了時刻” を勤務実績として入力する運用を想定して備えた機能です。
 割り当てたシフトパターンも ”開始時刻” ・”終了時刻” も予定として使用する場合は設定する必要はありません。(丸める前提で予定を組むことは無いと思われるためです。)
 

<丸められる条件 >

 ”開始時刻” と ”終了時刻” が 割り当てたシフトの時間帯とちょっと異なる場合が丸め計算の対象となります。届出区分の ”遅刻” 、”早退” は関係ありません。また、時間外にあたる時間帯は切捨てされません。