イレギュラーなシフトの入力

イレギュラーなシフト(登録されていないシフト)は、時刻を直接入力することができます。
時刻だけを入力することもできますし、シフトを入力した上で違う時刻に変更することもできます。
これは、シフトとしてカウントしたいけど、時刻がちょっと違う、という場合に利用します。
なお、入力した時刻をクリアするには、開始時刻と終了時刻に 00:00 を入力します。

イレギュラーなシフトは時刻を直接入力

まずは見やすいようにセルの幅を広げておきます。

シフトの時刻を直接入力

入力したいセルを選択し、ダブルクリックします。

シフトの時刻を直接入力

すると時刻が入力できるようになります。

シフトの時刻を直接入力

勤務の開始時刻を終了時刻を入力して...

シフトの時刻を直接入力

休憩時間を入力するために「休」ボタンをクリックします。

シフトの時刻を直接入力

休憩時間を入力するウィンドウが表示されます。

シフトの時刻を直接入力

休憩の開始時刻と所要時間を入力して「OK」ボタンをクリックします。

シフトの時刻を直接入力

時刻が入力されました。

シフトの時刻を直接入力

他のシフトとの違いを見るためにタイムカード画面を起動してみましょう。
「佐藤」さんをクリックしてタイムカード画面を起動します。

シフトの時刻を直接入力

10 佐藤さんのタイムカード画面です。

シフトの時刻を直接入力

11 手入力された時刻は、タイムカード画面では太字で表示されます。

シフトの時刻を直接入力

12 シフトだけを入力されたものとの違いです。

シフトの時刻を直接入力

13 ちなみに、シフトとは違う時刻を入力することもできます。

シフトの時刻を直接入力

シフトと違う時間を入れるのってどんな時?

時間がちょっと違うけどシフトとして数えたい時に使います。
合計人数にはそのシフトとしてカウントされつつも、シフトとは違う時刻が入力できます。
入力の順は、シフトを入力してから、時刻を入力します。
入力の順序が逆(時刻→シフト)になると「入力のし直し」とみなされ、シフトの時刻にリセットされます。
なお、実働時間は、入力された時刻を正として計算されます。